浴衣サイズの決め方

正しい計り方とサイズ選びのポイント

◆身丈(みたけ)

目安はご自身の身長サイズと同じくらい

着丈というのは右図にありますが、通常の着物サイズの表示には
使われることはなく、身丈表示が使われています。

着丈きたけ + おはしょり分 = 身丈みたけ

上記は一般的な目安と言われています。
着物の長さを調整する部分の「おはしょり」は、その人の人差し指の
長さ(折り返しがあるので2倍の13cm~17cm)くらいとすると
「身丈は、身長サイズくらい」というのが、ひとつの目安となります。

身丈が身長よりも長い場合は、おはしょりで調整(何重にも重ねることも可)できますが
身長よりも短い場合は、おはしょりを短くすることになりますので限度があります。

◆裄(ゆき)

実測の裄サイズ ± 2cm以内

裄の長さは、腕を斜めに45度上げて計ります。
真横だと短く、真下では長すぎてしまい、
角度の違いで10cm程の差が出る場合もあります。
そのサイズにプラスマイナス2cm以内が
一般的な目安とされていますが、
上半身にボリュームがある場合は
4~5cm長めを選ぶことで
ゆったりと着ることができます。

「着付けの仕方でサイズ調整できる」のが着物の便利な特徴のひとつですが、
ゆきは調整ができませんことをご記憶いただくと良いと思います。

◆身幅(みはば)

胸・お腹・腰回りの最大サイズ+ ± 40~50cm

胸、お腹、腰回りを計るときは、浴衣を着る時と同じ状態で計ります。
和装ブラを着用される場合には着けた上から測って下さい。
胸周りは一番高い所、腰回り、お腹周りは一番出ているを計ります。

立姿勢でピッタリサイズだと椅子に腰掛けた時、ヒザが曲がってお尻が出ますので、充分な合せ目が
ないと裾が開いてしまいます。合せ目の長さの目安は、立ち姿勢で40cmは必要となります。
身幅サイズは、胸、お腹、腰の最大サイズにプラス40~50センチ以上が必要です。

着物は、バストがヒップよりも20cm以上狭く作られていますので
胸、お腹、腰の3箇所で、バストが最大サイズとなる場合には、
バストサイズに50cm以上プラスして身幅を割り出します。

有松絞りお問合せフォーム