着付け

便利なアイテムを賢く使いこなすとリラックスして楽しめます

◆下着をつける

■おしゃれ着としての浴衣には必要な一品
キャミソールやタンクトップで代用できないことはありませんが、白ベースや淡色の浴衣は透けて見えてしまいますので、浴衣をおしゃれ着として着る場合には必要になります。
着物用の下着を選ぶ際には、前後の衿ぐりが深いものが、衿足から下着が見えないという利点があります。

◆補正をする

■着付け前のひと手間だけで大きな見返り
「茶筒のようなシルエット」が特徴の着物にとって、
タオルを使うだけで簡単にできる補正は、きれいな着姿になるだけでなく、
帯や衿もとも崩れにくなったり、汗を取ってくれたりします。

◆下はしっかり、上はゆったり

■着こなし上手な方はリラックスも上手
伊達締めや帯は、着崩れしないようにと全体を締めてしまうのではなく、
下部はきっちりと体にそわせて締め、上部はゆとりをもたせると楽になり、
着姿も美しくなります。

コーリングベルトを使う場合は、衿が広がらないようにと短くし過ぎると、
次第に衿が詰まってきますので、ゆったり長めにすることと、
留める位置は肋骨の下あたりがベストです。

有松絞りお問合せフォーム