着こなし

身のこなし方、基本を知ればどこへ行っても安心

◆着付けが終わったら

裾割すそわ
裾が開きやすくなることで歩きやすく、
着崩れも防いでくれるのが裾割です。
着付けが終わったら、足を肩幅ほどに開いて、
裾を左右に開くように膝を2~3回曲げます
(スクワットみたいな感じです)
裾割の後は、上前と下前を整えることをお忘れなく。

◆身のこなし方

■歩くとき
洋服と違って、さっそうと歩くことはできませんので
着物特有の歩き方をすることが、素敵に見えるコツです。
大股でなく小股で内股で歩き、腕も前後に振るのではなく、
肘を少し曲げて体の前に持ってくる感じです。
腕は下まで垂らすと袖(そで)の長さが短く感じられ、
手首の上まで見えてしまいますので、
少し肘を曲げるくらい方が慎ましやかに見えます。

■階段の上り下りのとき
階段ですそを踏むと、汚れるだけでなく危険です。
特に、駅のような人混みの中の階段は、
周囲の人に踏まれる危険もありますので注意が必要です。
 
右手で裾をつまむように持ちあげて上り下りします。
(あまり持ち上げ過ぎないように気をつけて)
重心はつま先にかけると上りやすく、
かかとも上がることで見栄え的にもよくなります。

■車に乗るとき
洋服の場合は足からですが、着物(浴衣)は、
お尻から先に乗るのが基本です。
裾が乱れないよう右手で裾を持ちながら、
横向きに浅く腰掛けてから足を揃えて
最後に体を90度回転して座席につくようにします。
乗車後は、帯結びが潰れないよう意識することが必要です。
降車の際は、この反対の流れになります。
座席からのドアの開け閉めは、洋服の時より大変ですので、
手伝っていただける場合はお願いするのもスマートです。

■椅子に腰掛けるとき
椅子に腰掛ける時には、座り方にコツがあります。
着物には帯がありますので、洋服の時と同じように
深く腰掛けてしまうと帯の形が崩れる恐れがあります。
椅子の背もたれに帯があたらないよう、浅めに腰掛けます。
また、後ろのすそを少しひざの裏に入れ込むと、
床に付いて汚れてしまうことがありません。
そして両手は、太ももの上に重ねて置きます。
食事の時などはバッグを背の後ろに置いてもかまいません。

■トイレのとき
左右のすそを持ち上げ、帯の上部に挟み込みます。
クリップや洗濯バサミを事前に準備しておくと便利です。
 
トイレを出る前には鏡の前でのチェックを忘れないように。
えりすそは整っているか。
・おはしょりにシワがないか、適当な長さになっているか。
・帯の形が崩れていないか。

◆もしもの時の対処方法

ほとんどの着くずれは「おはしょり」と「身八つ口みやつぐち」で直すことができます。
応急処置のポイントさえ押さえておけば、外出先で着くずれが起きても安心です。

すそが落ちてきた

上前の裾を踏んでしまったり、
腰紐をきっちり締めていない時などに、
裾が下がってしまうことがあります。

右手でおはしょりの下から
上前うわまえ衿先えりさきを持ち、
突き上げるようにして、
下がってきた分を
腰紐の中に入れこみます。

えりがゆるんできた

長時間着物を着ていたり、
吊革をつかむなど腕を大きく動かすと、
襟がゆるんで広がってしまうことがあります。

左側の身八つ口みやつぐちから手を入れて、
下前したまえの衿を下に引いて整えます。
上前うわまえの衿は帯の下の衿先えりさき
引いて整えます。

有松絞りお問合せフォーム