有松絞りとは – 技法と特徴

東海道53次の浮世絵にもでてくる有松絞りの、400年以上前に始まった誕生の歴史と、長い年月を経て育まれた製品の技法と特徴を、リラックスした角度から眺めてみました。

有松絞りの歴史

有松絞りの技法と特徴

絞り技法ひとつで作り出す、シワやヒダ

・生地をつまんで糸を巻く。
・ヒダを取って糸で縫う。
・棒に巻きつけた布を押したり縮めたり。
 
絞りの仕方ひとつで、それまで想像したこともなかったような、不思議で素敵な模様を創りだしてくれるのが絞り染めの世界です。
遠い昔から、日本だけではなく、世界にはいろいろな絞りの方法があって、それぞれが違った模様でその国の文化に溶け込みながら、現在も生き続けています。
そして、世界に存在する約100種類の絞りの技法の中の90%は、日本で発達した技術であると言われています。

有松絞りの工程

①括り(くくり)
 
②染め
 
③糸ぬき
④湯のし

生地に描いた下絵に合わせてひとつづつ手作業で布に糸を括りつけます。
糸で括られた部分は、染料が染み込まないため白い生地のまま残ることで柄となります。
染め上がった生地から、括られていた糸を抜きます。
括られていたことでできた布の皺(シワ)を取ることで、商品としての反物になります。

手作業ゆえにかかる長大な時間

1メートル四方で1万回、総鹿の子絞りの振袖の場合には20万回も繰り返すこともある括りの作業は、一粒一粒全てを手作業で行いますので、気の遠くなるような時間を要します。
戦後の有松絞り最盛期には、有松周辺の農家の人たちの副業としても行われ、あの金さん銀さんも、この工程に携われたことがあるそうですが、この括り作業とは、正に人の手間が掛かる作業であったことが分かります。
括り職人さんの高齢化と減少から、一部の高級品を除き、人件費の安い海外で生産されることが多くなっています。

柄と共に魅力の肌触り

有松絞りの魅力は、人間味溢れる手作業による絞りならではの「柄」と、見ただけでは分かりにくい「肌触り」があります。
糸で括り付けた生地を染めた後に、糸を解けば必然的に生まれる生地の皺(シワ)が、他の浴衣生地にはない、肌触りの心地良さを生み出します。
例えとして適切かどうかの判断は個人差がありますが、その肌触りは子供用パジャマの生地「サッカー」を想像していただくと分かりやすいかも知れません。
「夏に着る浴衣」ですので、汗をかく暑さの中で気持ちよく過ごすことができる生地であることはひとつの大きな魅力です。

有松絞りお問合せフォーム

有松絞りとは

東海道53次の浮世絵にもでてくる有松絞りの、400年以上前に始まった誕生の歴史と、長い年月を経て育まれた製品の技法と特徴を、リラックスした角度から眺めてみました。

有松絞りの歴史

有松絞りの技法と特徴

有松の始まりは約410年前

小学校の歴史で習った「関ヶ原の戦い」は、ちょうど「1600年」と憶えやすい年号でしたが、その8年後の1608年に、尾張藩が東海道沿いに新しい集落を作るために開かれたのが、有松の始まりといわれています。
東海道の鳴海宿の南に位置する有松は、人家が少ないため治安が悪く、街道を旅する人たちの警護の役割もあって武芸に覚えのある住民も多かったそうです。

宿場町としては厳しい環境

愛知県名古屋市の南部に位置する有松は、稲作には適していない丘陵地帯であったことや、となりの鳴海宿が近かったために、間の宿場として栄えるのは簡単ではありませんでした。

有松絞りの始まりは手ぬぐいから、技法は豊後から

その当時に始まった名古屋城の築城には、各地から多くの職人が集まりましたが、九州から来ていた人々が着ていた絞り染めの衣装を参考にして作った、「絞り染めの手ぬぐい」をみやげとして売ったのが、有松絞りの始まりと言われています。その人の名前は竹田庄九朗といいます。
 
また、名古屋城の築城から40年以上も過ぎた1655年に、豊後(現在の大分県)から移り住んだ三浦玄忠という人の妻が伝えた豊後絞りの技法が、有松絞りを大きく進歩させることになります。その技法は三浦絞りと呼ばれ、現代でも有松絞りの代表的な技法のひとつとなっています。

有松絞り 浮世絵

有松の繁栄期

商品力を上げて売上も伸ばした有松絞りは、周辺地域の鳴海などでも生産される状況になったため、尾張藩に対して、有松以外での絞り染め生産の禁止を訴えた結果、尾張藩は有松絞りの保護のために、有松だけに営業独占権を与えました。現在も残る有松の豪壮な町並みの一部からは、その歴史を物語る遺産的な一面を垣間見ることができます。

有松の衰退期

幕末まで続いた有松絞りの独占権も、時代の変化と共に開放され、明治以降は、有松近郊だけでなく全国各地で生産されるようになったことや、東海道が交通手段の中心から外れていったことで、有松絞りは衰退期を迎えることになります。

復活、再生を繰り返した有松絞り

かつての独占権などの行政上の特権が失われたときに、そのまま衰退していくかと思われた有松絞りですが、新たな技法の開発と特許権の取得によって見事に蘇り、明治の中頃には全盛期を迎えます。
 
そして第二次大戦中には戦時統制のために一時、衰退したものの、終戦と共に統制が解除されたことで、再び生産量は増加していきました。

有松の町並

社会環境や、世界情勢の変化と有松絞り

1970年台に入ると、日本人がそれまで普段着としていた着物文化そのものが縮小傾向に入ったことや、高度成長で高騰した人件費の影響で低価格の海外製品との競争が始まった結果、有松だけでなく業界全体でも着物の生産量は減少しました。

現在の有松絞り

有松絞り製品の生産高は1990年代以降、従業員数は1980年代半ば以降から減少しており、伝統的工芸品産地の全国平均値を下回っていますが、その一方で、年産額は全国平均値を大きく上回るという、全国的にも非常に稀有な現象を起こしています。
それは、有松絞りが400年という長い歴史の中で、時代に応じて変わり続けながら今でも、高い付加価値を持つ商品であることをわかりやすく表現しているデータの一つとなっています。
 
総絞りの振袖姿で登場した、卓球の福原愛さんの結婚会見は、有松絞りの魅力の一面でもある華やかなイメージを、日本中の人に披露した貴重な機会になりました。
名古屋市の川村たかし市長(2018年4月時点)が、地元行事で会見の時や、各種イベントへの参加の際には、ネクタイ、ワイシャツをはじめ、夏にはポロシャツまでも、有松絞りデザインの姿で登場する姿は、名古屋地区のテレビニュースでは見慣れた光景となっています。
 
長い歴史の中で何度も復活し、生まれ変わってきた有松絞りは、着物を愛する人々の心を、これまでと同じようにときめかせてくれながら、これからもまた新たな歴史が作られていくことを期待させてくれる、魅力的な工芸品です。

有松絞りお問合せフォーム

着こなし

身のこなし方、基本を知ればどこへ行っても安心

◆着付けが終わったら

裾割すそわ
裾が開きやすくなることで歩きやすく、
着崩れも防いでくれるのが裾割です。
着付けが終わったら、足を肩幅ほどに開いて、
裾を左右に開くように膝を2~3回曲げます
(スクワットみたいな感じです)
裾割の後は、上前と下前を整えることをお忘れなく。

◆身のこなし方

■歩くとき
洋服と違って、さっそうと歩くことはできませんので
着物特有の歩き方をすることが、素敵に見えるコツです。
大股でなく小股で内股で歩き、腕も前後に振るのではなく、
肘を少し曲げて体の前に持ってくる感じです。
腕は下まで垂らすと袖(そで)の長さが短く感じられ、
手首の上まで見えてしまいますので、
少し肘を曲げるくらい方が慎ましやかに見えます。

■階段の上り下りのとき
階段ですそを踏むと、汚れるだけでなく危険です。
特に、駅のような人混みの中の階段は、
周囲の人に踏まれる危険もありますので注意が必要です。
 
右手で裾をつまむように持ちあげて上り下りします。
(あまり持ち上げ過ぎないように気をつけて)
重心はつま先にかけると上りやすく、
かかとも上がることで見栄え的にもよくなります。

■車に乗るとき
洋服の場合は足からですが、着物(浴衣)は、
お尻から先に乗るのが基本です。
裾が乱れないよう右手で裾を持ちながら、
横向きに浅く腰掛けてから足を揃えて
最後に体を90度回転して座席につくようにします。
乗車後は、帯結びが潰れないよう意識することが必要です。
降車の際は、この反対の流れになります。
座席からのドアの開け閉めは、洋服の時より大変ですので、
手伝っていただける場合はお願いするのもスマートです。

■椅子に腰掛けるとき
椅子に腰掛ける時には、座り方にコツがあります。
着物には帯がありますので、洋服の時と同じように
深く腰掛けてしまうと帯の形が崩れる恐れがあります。
椅子の背もたれに帯があたらないよう、浅めに腰掛けます。
また、後ろのすそを少しひざの裏に入れ込むと、
床に付いて汚れてしまうことがありません。
そして両手は、太ももの上に重ねて置きます。
食事の時などはバッグを背の後ろに置いてもかまいません。

■トイレのとき
左右のすそを持ち上げ、帯の上部に挟み込みます。
クリップや洗濯バサミを事前に準備しておくと便利です。
 
トイレを出る前には鏡の前でのチェックを忘れないように。
えりすそは整っているか。
・おはしょりにシワがないか、適当な長さになっているか。
・帯の形が崩れていないか。

◆もしもの時の対処方法

ほとんどの着くずれは「おはしょり」と「身八つ口みやつぐち」で直すことができます。
応急処置のポイントさえ押さえておけば、外出先で着くずれが起きても安心です。

すそが落ちてきた

上前の裾を踏んでしまったり、
腰紐をきっちり締めていない時などに、
裾が下がってしまうことがあります。

右手でおはしょりの下から
上前うわまえ衿先えりさきを持ち、
突き上げるようにして、
下がってきた分を
腰紐の中に入れこみます。

えりがゆるんできた

長時間着物を着ていたり、
吊革をつかむなど腕を大きく動かすと、
襟がゆるんで広がってしまうことがあります。

左側の身八つ口みやつぐちから手を入れて、
下前したまえの衿を下に引いて整えます。
上前うわまえの衿は帯の下の衿先えりさき
引いて整えます。

有松絞りお問合せフォーム

着付け

便利なアイテムを賢く使いこなすとリラックスして楽しめます

◆下着をつける

■おしゃれ着としての浴衣には必要な一品
キャミソールやタンクトップで代用できないことはありませんが、白ベースや淡色の浴衣は透けて見えてしまいますので、浴衣をおしゃれ着として着る場合には必要になります。
着物用の下着を選ぶ際には、前後の衿ぐりが深いものが、衿足から下着が見えないという利点があります。

◆補正をする

■着付け前のひと手間だけで大きな見返り
「茶筒のようなシルエット」が特徴の着物にとって、
タオルを使うだけで簡単にできる補正は、きれいな着姿になるだけでなく、
帯や衿もとも崩れにくなったり、汗を取ってくれたりします。

◆下はしっかり、上はゆったり

■着こなし上手な方はリラックスも上手
伊達締めや帯は、着崩れしないようにと全体を締めてしまうのではなく、
下部はきっちりと体にそわせて締め、上部はゆとりをもたせると楽になり、
着姿も美しくなります。

コーリングベルトを使う場合は、衿が広がらないようにと短くし過ぎると、
次第に衿が詰まってきますので、ゆったり長めにすることと、
留める位置は肋骨の下あたりがベストです。

有松絞りお問合せフォーム

帯の選び方

◆色合わせのパターン

■浴衣に入っている色、同系色に合わせる
浴衣に入っている柄の1色や同系色に合わせて選びます。
自然界に見られるような調和のとれた色使いができることで、
派手な組み合わせよりも、落ち着いた組み合せをご希望の時や
どれにするか決まらず迷った際に無難に治めることができます。

■浴衣に入っていない補色を使う
正反対の色である補色を使うことで、コントラストが生まれ、
若々しく、引き締まったイメージになることで、
定番の組み合わせとは、ひと味違う表現をすることができます。
それぞれの色が持つ特性を、上手に使い分ける楽しみがあります。

■色の濃淡で調和する
浴衣と帯の両方が派手な場合には、
お互いが強調しすぎることで良さが消えてしまいます。
そんな時は、どちらかを薄い色あいに変えて、
色の濃淡で調和させることができます。

色についての豆知識

補色、反対色

図では反対側にありますので、磁石のSとNのように、相性が悪いように思ってしまいますが、
実はおたがいを引き立たせたり強調することができる相性の良い色が補色です。
セブンイレブンの看板を思い出していただくと分かりやすいと思いますが、
文字にオレンジが一部入るものの、その他の部分は緑と赤の組み合わせになっています。
帯の色を「補色」で選んでみて、派手すぎと感じたり、自分のイメージに合わないと思った時は
補色の隣にある「反対色」を選んでみると、意外としっくりくるかも知れません。

同系色

図では両隣の色で、落ち着いた感じ、品良く安定した感じになります。
無難にまとめることができますので用途も広くなります。
また同系色の濃淡でまとめる装いは一般的で、すっきりと上品な印象を与えます。

浴衣の帯を選ぶ際には、これらの色の特徴を少し意識することで、バランスを整えることが
意外と簡単になります。

◆帯の種類

■半幅帯
浴衣の帯として、最も一般的な帯。
幅16cm、長さ3.6m前後で芯が入ったもの、袋状のものがあり、
通常の着物にも使用されます。

■兵児帯
「子供の帯」のイメージを思い浮かべますが、
大人用の兵児帯もあります。
幅50cm、長さ4m前後で、ふわふわした素材が特徴です。

■名古屋帯
絞りの浴衣に、半襟と足袋でちょっとフォーマルに着こなす際に、
名古屋帯は貴重なアイテムになります。

■浴衣帯
半幅帯のように袋状ではなく、1枚ものの帯。
扱いやすいので結ぶのが簡単で、
見た目もシンプルで涼しく感じます。

有松絞りお問合せフォーム

浴衣サイズの決め方

正しい計り方とサイズ選びのポイント

◆身丈(みたけ)

目安はご自身の身長サイズと同じくらい

着丈というのは右図にありますが、通常の着物サイズの表示には
使われることはなく、身丈表示が使われています。

着丈きたけ + おはしょり分 = 身丈みたけ

上記は一般的な目安と言われています。
着物の長さを調整する部分の「おはしょり」は、その人の人差し指の
長さ(折り返しがあるので2倍の13cm~17cm)くらいとすると
「身丈は、身長サイズくらい」というのが、ひとつの目安となります。

身丈が身長よりも長い場合は、おはしょりで調整(何重にも重ねることも可)できますが
身長よりも短い場合は、おはしょりを短くすることになりますので限度があります。

◆裄(ゆき)

実測の裄サイズ ± 2cm以内

裄の長さは、腕を斜めに45度上げて計ります。
真横だと短く、真下では長すぎてしまい、
角度の違いで10cm程の差が出る場合もあります。
そのサイズにプラスマイナス2cm以内が
一般的な目安とされていますが、
上半身にボリュームがある場合は
4~5cm長めを選ぶことで
ゆったりと着ることができます。

「着付けの仕方でサイズ調整できる」のが着物の便利な特徴のひとつですが、
ゆきは調整ができませんことをご記憶いただくと良いと思います。

◆身幅(みはば)

胸・お腹・腰回りの最大サイズ+ ± 40~50cm

胸、お腹、腰回りを計るときは、浴衣を着る時と同じ状態で計ります。
和装ブラを着用される場合には着けた上から測って下さい。
胸周りは一番高い所、腰回り、お腹周りは一番出ているを計ります。

立姿勢でピッタリサイズだと椅子に腰掛けた時、ヒザが曲がってお尻が出ますので、充分な合せ目が
ないと裾が開いてしまいます。合せ目の長さの目安は、立ち姿勢で40cmは必要となります。
身幅サイズは、胸、お腹、腰の最大サイズにプラス40~50センチ以上が必要です。

着物は、バストがヒップよりも20cm以上狭く作られていますので
胸、お腹、腰の3箇所で、バストが最大サイズとなる場合には、
バストサイズに50cm以上プラスして身幅を割り出します。

有松絞りお問合せフォーム

小物

◆下駄

■サイズの決め方
初めての方は、かかとが出ないピッタリサイズでも問題は
ありませんが見た目、履き心地では1~2cm出るくらいが
ベストサイズです。
階段の昇り降りの際などに、浴衣の裾を踏む心配が軽減さ
れることも利点です。

■色について
洋服の場合は、靴の色、デザインも
アレンジを考えると思いますが、
浴衣の場合は、下駄本体や鼻緒の色、柄を、
浴衣に合わせて選ばなくても問題ありません。
ご自身のお好みでお選びいただけます。

■痛くならない種類
鼻緒が太いもの、2本の下駄は、負担が分担されることで痛みを和らげます。
右近うこん型 ピドヒール型

■痛くならない為に
1 本番前に、数時間でも履き慣らしておきます。
2 鼻緒を手で伸ばして調整しておきます。
 (伸ばし過ぎると戻らないので、実際に履きながら)
3 緒を伸ばして調整しておきます。

■痛くなった時の対処方
1 鼻緒、緒を伸ばしてみます。
2 草履店、呉服店で調整してもらいます。

◆バッグ

■使い勝手の良さ
以前は主流でした巾着型は、
開け閉めの度に紐を解かなければならないことと、
手に持つ際も、蝶結びをしなければならないという点で、
慣れない方にとっては使いにくいかも知れません。
そういう点では、籠バッグの中に巾着が入ったタイプは、
使いやすいアイテムとして人気商品となっています。

■形、大きさ
形としては、縦長よりも横長が適しています。
洋服の場合のバッグと違って、
巾着程度の小さめのものがバランス的にきれいに見えます。
巾着サイズで小さい場合は、カゴバッグの横幅のあるタイプがお勧めです。

■色
ゆかたや帯、下駄の色の一部に合わせると調和が取れます。
また、帯の色を選ぶときのように補色を使うことで、
個性的な感じを出すこともできます。
ただ、あくまでも身の回り品であるバッグは、
目立ちすぎることに注意も必要ですので迷われた場合には
天然素材の籠バッグが、浴衣や帯と調和させてくれます。

◆髪飾り

■色
浴衣、帯と同じ色を入れることで、統一感が生まれます。
その反対に浴衣、帯と違う色の「補色」を使うことで、
個性を表現することもできます。
また、迷われた場合に、無難に浴衣と合わせることができる
のが「白」であり、浴衣、帯の色を淡くした色も、
全体のバランスを整えることができます。

■柄、大きさ
浴衣の柄が、大きな花柄の場合には大きめの一輪花、
小花柄なら小花をまとめたブーケタイプというように
髪飾りの大きさは浴衣のデザインに合わせると
バランスが良くなります。
大きめのものは華やかなイメージ、小ぶりなものは上品で
落ち着いたイメージになります。

■タイプ別に選ぶ

  タイプ 特徴
クリップ ショートやボブの方はもちろん、髪の長さを問わずに使え、
ずれてしまっても簡単に付け直すことができる点で、
髪飾り選びに迷った時にはお勧めです。
かんざし 一本軸と二本軸のかんざしがあり、
アップスタイルに差し込むだけで使えます。
セットとなっているものは、まとめて付けたり、
左右に分けて使うこともできます。
二本軸の簪だけで髪をまとめる際には、
折れることもありますのでご注意を。
Uピン 髪をまとめる際の使用だけでなく、
アップスタイルに差し込むだけの時にも使えます。
バレッタ ハーフアップでゴムを使う際に、上からプラスしたり、
耳にかけた髪をとめることもでき、
更にはゴムを隠す役目もしてくれる嬉しいアイテムです。
カチューシャ ショートやボブの方からアップスタイルの方まで、
簡単にイメージを変えることができるアイテムです。

■つける位置
年齢はあまり関係ありませんが、目立つのは「耳の少し上」
落ち着いたイメージになるのは「耳の少し下」になります。
 
左右どちらかにつけるかは、片方だけの場合は左側につけ、
両方に髪飾りをつける場合には、
左側に華やかな方をつけるのが一般的です。
 
理由は諸説ありますが、
写真撮影の時をお考えいただくと分かりやすいと思います。
右身ごろを下にして、左身ごろを上に重ねるという着物の特徴から、
左側を向いて立つと、着物のつなぎ目が見えてしまいますが、
右側を向いて立つと着物が綺麗に見えますので
その際に髪飾りも見えるように左につけるようです。

有松絞りお問合せフォーム